Posted on and Updated on

和食中心の食事で20キロ減らすダイエットに成功しました

ダイエットを始めるまでの私は、油もの大好きで外食するときは基本的に油物ばかろを食べ、洋食や中華などを選択していました。自宅でも和食よりも洋食のほうが簡単に作れてしまうので洋食ばかりを作っていましたし、スパゲティなんかは1束ではなく2束くらいゆでて一人で食べていました。

そんな生活を送っているので当たり前ですが太ってしまいます。また、運動も苦手だったため動くこともありませんでしたし、最寄り駅まで二分もかからないところに住んでいましたので本当に動かない生活でした。

人生史上最大に太ってしまいましたので、このままではどうなってしまうのだろういう恐怖にかられダイエットを始めました。

運動が苦手でしたので食事を変えようと思ったのです。洋食から和食へのチェンジは結構きついものがありました。私はケチャップ味が好きなのですが、和食にはケチャップ味がありません。

それを耐えるのがきつかったのですが、そういうときにはトマトを食べるようにしました。

和食は煮物をよく作りました。作り置きをしておくこともできますし、野菜を沢山いれてもカロリーが低いのです。

煮物だと歯ごたえがなくなってしまうのではないか?と思う人はたけのこを入れると歯ごたえがでます。またたけのこも意外と低カロリーですし、歯ごたえのおかげで噛んでいる感があり咀嚼回数も増えます。

チョイスする肉も鶏肉が主になりますので、カロリーを抑えることができますし、足りなくなってきたなぁと思えば足していくこともできるので楽です。

今までは会社の帰りにお腹が減ったらコンビニでお菓子や弁当を購入していたのですが、自宅につくり置きの煮物があると思うだけで気が楽になりますし、お金を使わずに済むのです。

私は「お腹が減ったら食べないと死んでしまう」と思い込む人間でしたので、自宅に帰れば食べ物がある、と思うだけでお金を使わなくなるのは本当にありがたいです。

運動ですが、暇なときや時間があるときだけ一駅歩くようにしました。これを毎日やる、など自分に課してしまうと途端につらくなってしまうのは自分の性分で分かっていましたので、暇なときにだけ気分が向いたときにだけやるんだ、と気楽にウォーキングを行いました。別に正しい姿勢で歩くことでもなく、気分転換で歩くという感じでした。

そんな適当な運動も入れたダイエットですが二年かけて20キロ痩せることができました。

今は歩くことも苦痛ではなくなりましたし、食事も洋食はたまに食べますが基本的には和食で充分な体になってくれました。

これからもこのままダイエットできた体を維持していきたいと思っています。

Posted on and Updated on

苦手でも一杯のサラダから食べてダイエットの助けに

食事が美味しく満腹感を覚えるのは日々の生活の中、いや人生の中でも最大級の喜びでしょう。

もちろん食事の中でも自分の好物から真っ先に手を付けられる喜びは他に換え難く、先ずは好物である程度満腹感を覚え、ある程度身体を充実・満足させて落ち着いてから、ようやく他の料理に手を付け始める、というせっかちな人もいるかも知れません。

単に食事で幸せになりたいのであれば、その食べ方でも構わないのですが、これがダイエットの上で問題となり易いのは、中にはご飯や糖質に富んだ料理が大好物であり、食事の際に真っ先にそれらに手を出してしまうというパターンがあるという点。

この食べ方ではあっという間に体内の血糖値が急激上がってしまい、その後に来る耐え難い食欲と戦わなければならない結果となってしまいます。

実は以前の私の食べ方もまさにこのパターン。ご飯等の炭水化物や甘い味付けの料理に真っ先に手を付けてしまい、その後の食欲が収まらず、デザートや菓子といった間食をどうしても我慢する事が出来なかったのです。当然ダイエットが必要な身体となってしまったのは言うまでも無く、その後しばらくして食事の際の食べる順番にも気を使った方が良い、という事を知ったのでした。

ネットを検索し知り得たベストな方法は、とにかく本格的な食事前に、前菜として糖質の低いサラダをたくさん食べるというもの。これにより体内の急激な血糖値の上昇を抑えると共に、サラダそのものである程度満腹感を満たし、食べ過ぎを防ぐという副次的な効果も期待する、という具合です。

正直生野菜があまり好きでなかった私でしたが、だらしなく膨れたお腹を目の前にしてそうも言っていられず、早速適度に野菜をカットしてサラダを作りスタートしました。

あまり大きめに野菜を切ると食感も落ちる、という事が分かり、その後はキャベツも千切りに、またキュウリやトマトも一口サイズの半分程度にまで切り、苦手意識を無くすために好みの和風ドレッシングを軽くかけ、食事の際真っ先に頂きます。

甘味の強めなフルーツトマトをチョイスしたおかげもあって、それ程苦手意識も出さず完食する事が出来ました。確かに何とかボール一皿サラダを完食すると、その後の食欲が若干抑えられた様に感じ、やがてご飯の量もこれまでの4分の3程度に、またおかずの総量も若干減らせる様になってきました。

いわゆる腹八分目の状況が作れた訳で、特に嬉しかったのが夕食後の眠り。これまでは満腹感が強く胃ももたれ気味で中々寝付かれないものでしたが、その後お腹がスッキリとしたせいか寝付きも良くなり、朝の目覚めも良くなったのです。

肝心のダイエットの方ですが、こちらもマックスの状態からは明らかに減少に転じ、初めて1ヶ月弱でマイナス3キロといったところ。同時にスタートした運動も理由としてあるのでしょうが、効果が認められた事は確かで、今後の推移が楽しみになっています。

Posted on and Updated on

30日プランクチャレンジは最初からきつかった

ダイエットを始めようと思ったときに一番迷ったのが「何をするか」です。ダイエット法って世間に山ほどあるのでどれが効くのか、どれが自分にあっているのかってよくわかりませんでした。

まずはインスタなどで情報を得ようと色々な方のダイエットアカウントをみてまわったのですが、そのうちの何人かがダイエットを始めようと思って一番最初にやったことが書かれてあったのです。

それは「30日チャレンジ」というもので、海外で流行っている物なのですが、よく聞くのが「30日プランクチャレンジ」と「30日スクワットチャレンジ」です。

スクワットはわかったのですがプランクというものがわからず調べてみると腕立て伏せのようなもので特に難しいもんではないようです。

私もまずはこの30日チャレンジというものを初めてみようと思いました。特に私が気になる体幹が鍛えられるということと最初は回数が少ないので初心者にはいいかなと思ったからです。

そして実際に始めたのが30日プランクチャレンジです。スクワットはスキマ時間にササッと出来るので出来る時にやりたいと思います。

さてまずはお風呂上がりにすると決めて最初の1回目、20秒でOKということでこれなら簡単にできるかなと思っていました。実はプランクをやってみるのはこれが初めてでどういったものかまったくわかっていませんでした。

スマホのストップウォッチを利用してスタート!まずは楽々でしたがそのうちお腹の部分がプルプルしてきたのです。正直10秒進んだ頃には「きつい」と思い始めました。まだ10びょうしか進んでいないのかとスマホを見て愕然としました。

そして20秒が終了しました。私は2ずっとスマホのストップウォッチを凝視した状態で20秒になった瞬間に崩れ落ちていました。もうその後の自分の息切れはすごかったと思います。

1回目でこんなにきついのかと正直やる気が萎えていくのがわかりました。

そして次の日にはお腹の筋肉痛がありました。20秒で筋肉痛ってどんだけ体力ないんだと思う反面、体に効いているのだという実感もわきました。

2回目も1回目と同じ20秒でよかったのでまた挑戦してみることにしました。正直きついですがなんとかやることができました。

なんだかんだと続けていくうちにしんどいながらも120秒(2分)できるようになりました。最初はあんなに大変だったのにと継続することの大切さを実感しました。

結局2分以上はできずプランクチャレンジはやめてしまったのですが、今でも2分のプランクは続けています。

Posted on and Updated on

ダイエットエピソード2選

私が過去成功したダイエットのお話と、現在の体重管理の仕方

ダイエットは場当たり的に何度もやったことがあります。そしてそんなやり方はうまくは行きません。うまく行かなかったダイエットは、リンゴだけ食べるとか、納豆を食べるとか、何か一つの食品を食べることで、ダイエット効果が得られるといった、単品ダイエットと言われるやり方です。私の場合は体重はびくともしませんでした。

その他、効果があると言われている糖質制限ダイエットは、早いスピードで2キロほど体重が減りましたが、糖質を控えすぎて頭が痛くなったり、その期間を乗り切ると体質が変化するらしいのですが、私はそこを越えることができませんでした。糖質のものを食べたら体重は元に戻りました。

つまり私に合わないダイエットというのは、特定の食べ物に注目したダイエットということになります。それに、やっぱり、どうしても何キロやせるんだなどの強い意志が、私にはないのです。やせたらいいなと思っているに過ぎないのです。体重の重さや体型がそこまで切実でもないからなのだと思います。

そんな私が成功したダイエットがあります。それは夕食を制限するダイエットです。一時、夕食を食べないで過ごすことを10日程度やっただけで、確か3キロほど減り、見た目もなんとなくすっきりしたことがあります。だんだん夕食を食べる生活に戻しましたが、せっかくやせたので、あまり増えないように気をつけていたのか、その時は体重も戻りませんでした。

バランスが取れている食生活を普段から軸にしていれば、夕食を少々減らしても、健康上問題は起こりません。

私が今やっている体重管理は、やはり夕食を食べすぎないことです。それから以前に比べると、お菓子類が苦手になったため、間食もしなくなったので、それも体重管理につながっているようです。短期決戦のような体重の減り方は望めませんが、少しずつ体重も体脂肪も減っています。それが無理もなく、いつの間にか自分にとってちょうどいい体重に落ち着くいい方法のようです。

夕食で制限するのはやはり糖質ですが、朝も昼も糖質が多い食事ですし、夕食でも、どんぶりものなどの糖質が多いメニューにすることもあります。またパスタなどを多めに食べることもあります。ですが私の場合、次の日に内臓が重く感じることもあるので、自然に次の日は糖質を減らしています。

自分の体の調子に自分で気づくことができるようになってきたのかも知れません。よく自分の体に聞いて食事を選ぶなどという言葉を見聞きしたことはありますが、若い頃はよくわかっていなかったのだと思います。理屈でなく、自分の体の調子と対話することができるようになるにはずいぶん時間がかかったようです。

ダイエットは、自分と向き合うことが何よりも大切なのかも知れません。

本格的に動ける季節になって再びダイエットへのやる気が

いよいよ本格的な秋、気候もベタベタとした蒸し暑さが無くなってだいぶ心地良くなり、ダイエットにも億劫にならずに済むシーズンがやって来ました。

夏場は朝からガンガンと太陽が照り付け、たとえ早朝からでも外に出て身体を動かす事に大きな抵抗感があった私。8月の後半からは比較的涼しい日々が続いたものの、それまでの体力の消耗を短期間で補う事は出来ず、せっかくのチャンスをほぼ惰性のみで過ごしてしまったのが悔やまれます。

ただ9月にはインドアでも使える新たなダイエット機器を購入しモチベーションもぐんと向上。それらを駆使しつつしばらくの間は部屋の中で取組み、10月近くなってようやく外の天候も清々しくなり、本格的に外に出て身体を動かそうという決心が付いたところです。

夏場の小休止の間に増えた体重は約3キロ。その間にも糖質を始め食事制限(若干の食欲不振も)はしっかりとやっていたつもりでしたが、それでも身体を動かしていないだけでこれだけ増えてしまうのですから、食事にも増して日々の運動が大切である事を思い知らされます。

ようやく外に出る決心が付き、この秋初めてロードワークに向かったのは、車で30分ばかり行ったところにある、丘陵地の上のとある研究施設群周辺。ここ数年のうちに完成し大変綺麗なエリアであり、施設外にも自由に人が出入り出来る広大な緑地公園や遊歩道が整備されており、ロードワークにも大変ピッタリな場所。私がこの場所を見つけたは去年の春先でしたが、既にその頃から多くのランナーが遊歩道を走っており、ダイエットにも最適な場所である事を窺がわせていました。

遊歩道は緑地公園の丘をぐるり1周しており、森林地帯を抜けたり、小川や池沿いを通ったりと大変メリハリのあるルート。軽くジョギングするだけで日頃のストレスも取れ、良い汗がかけます。

この日は晴天の午後、若干夏の暑さも残る陽気でしたが、木々の間から見える空も透き通る様に高く、草や土の懐かしい匂いを感じながら楽しんで運動してくる事が出来ました。

久々に良い運動が出来た、という実感はかく汗の質からも判断出来ます。普段から運動していない時の汗はネバっ気があり汗臭く、脂分も多いものなのですが、十分運動した後にかく汗は実にサラサラで臭さも全く無く、かいた後もサラリと乾いてくれます。

そのエリアで3時間程動きまわっただけで、後で体重計に乗ると1キロ近く体重が落ちていました。大半が汗でしょうが、それなりに脂肪も燃焼した筈。今後もこの習慣を維持し再びダイエットを加速させていきたいものです。

Posted on and Updated on

私が54kgから62kgに増量して、53kgまで戻し・キープしている方法

現在、24歳の身長170cm53kg私がこの体重にいたるまでのことを書きます。

高校生の頃は、5354kgをいったりきたりしていました。(毎年身長は伸びていましたが)

私が、1番太っていたのは20歳でした。

その頃は62kg、高校を卒業してわずか2年ほどで約10kg、増量しました。

成人式の顔はパンパンで、撮り直したいくらいです……

そこまで太った理由として「お酒」がとても大きかったと思います。大学生のスポーツ系のサークルに入っていたため、飲み会は週34日。先輩の家に泊まって朝までのんで、カラオケにいって朝までのんで、なんだかわからないけど、朝までのんで。今では焼酎・ハイボールが美味しく頂けるようになりましたが当時はあま~いお酒が大好きでした。それだけでなく、ビールも飲めるようになってしまったので、糖質取り放題です。

おつまみも、唐揚げ・スナック菓子・炭水化物。締めにはラーメン。

そんな生活をしていたので、あっという間に10kg太りました。

そこから、6258kgをいったりきたり。足は太いわ腹は出てるは、若いのに残念でした。

大学を卒業する頃は58kgくらいにはなっていましたが、そこから社会人になって、53kgになるまでにやったこと、やめたことを振り返ってみます。

ちなみに、62→58になる間には就活がありました。完全にやつれてますね。笑

⑴お酒を控えるようになったこと

大学生の頃は時間も、バイトもしていたのでお金もあったのでいくらでも飲んでいました。

しかし、社会人になるとそんなことをできるのは精々金土の2日間。

さらに、会社の同期と良く遊ぶようになったのですが同期はあまりお酒を飲むタイプではありませんでした。

自然とお酒を控えるようになったことが、自然と痩せていくことにつながったと思います。

⑵生活習慣の改善

これも、社会人になってから早寝早起き、3食食べることが習慣化しました。

私の場合会社まで遠いので5:30に起きています。笑

お給料が良いわけではないので、基本寄り道もせず帰宅するため、外食も少ないのが吉となりました。

思い返してみても、特に特別なことをしているわけではありません。

大学卒業~入社の間にはジムにも通っていましたが、入社してからはまったくいってません。

その分、歩くことを意識するようにはなったかもしれません。

1駅なら、歩く。徒歩30分も、歩く。

私の場合元々ブラブラ歩くことが好きなので特に苦痛もなく楽しくできています。

そういった日々の意識から、変えていくのが大切なのかもしれません。

Posted on and Updated on

産後太りから8キロダイエットに成功した方法は。。。

私の理想体重は48Kg。しかし二人目出産後、一旦落ちた体重は育児ストレスからみるみる増加し、気が付いた時には58Kgになっていました。

理想体重から10Kgもオーバーすると見た目もかなり変化し、子供の運動会の写真に写る自分自身の姿を見て愕然としました。

その頃、家族で久しぶりに国内旅行へ行こうという計画が持ち上がっており、旅行で撮る写真には痩せた姿で写るんだと決意し、ダイエットを始めました。

まず、これからダイエットを行うということを、家族と職場の同僚に公言しました。自分に厳しくするためです。

私はシフト制の仕事をしていたため、睡眠や食事の時間も不規則でなかなかダイエットを成功させることができなかったのですが、この時に挑戦したダイエット方法は、一日の摂取カロリーを減らすダイエット。いわゆる置き換えダイエットでした。

置き換えを行う時間帯は、昼食時。ダイエットフードを置き換えるのではなく、スーパーなどで売られている低カロリーのクイックフードで行いました。

低カロリーなだけあって、普通に食べると満足できません。なので、一口入れるごとに箸を置き、ゆっくりと食べることを意識しました。

その時に一緒に飲んでいた飲み物は、お茶かトクホの炭酸水。それでも夕方になるとどうしてもお腹が空くので、小さく小分けされたチョコレートを一つ食べていました。

その他、夜勤時の夜食としては、低カロリーの熱々のスープのみ。朝と夕食は、出来るだけ子供たちといつもの量の食事を摂取していました。

最初の一か月、2Kgの減量に成功しました。それでもまだまだ56Kg。私の目標は50Kgだったので、継続してダイエットを続けました。

そんな中、一つのことに気が付きました。私の場合、生理周期に合わせて減量が出来るということ。

生理開始日から、排卵日のあたりまでは減量期。排卵日のあたりから生理前までは停滞期であることが分かりました。

それが分かってからは、停滞期にはより注意してカロリーオーバーにならないように気を付けていました。半年も経つと、今まで着ていた服の感じも変わり、周りの人からもしきりに「痩せたね!」と、言われるようになりました。

このようにして10ヶ月かけて50Kgまで減量することが出来ました。

1年に2度ある職場健診で、体重測定の後に検査担当の方に驚いた顔で再測定するように言われ、「体調に変化はありませんか?」と聞かれたので「いいえ、ダイエットしたんです」と答えたときは、大きな達成感がありました。

その後妊娠、出産し、現在52Kg。再び以前のダイエットに挑戦中です。

Posted on and Updated on

ダイエットして痩せて可愛くなってお洒落な服を着たい

ずっとネガティブ思考だったけど、払拭してポジティブ思考になったら、今の自分に果てしない物足りなさを感じています。

私の顔面レベルは「ちょうどいいブス」ってところでしょうか。

別にそこまでブスでもないんです。

でも可愛くもないんです。

中途半端だけど、今の私の思考回路の中では、このくらいが丁度いいだろうと考えています。

だけど、何か物足りない。

そう、私は何も努力をしていないからだ。

顔は変えられないけど、ファッションやメイクや所作は変えられる。

そう気づいた私は、さらに自分を改造することにしました。

まずはダイエットから。

痩せないと、可愛い服が着れないからです。

それと並行して、ファッションの勉強もすることにしました。

私にとって未知の世界であるファッション雑誌を購入し、とりあえず目を通してみることにしました。

モデルさんが日本人のものと外国人のもの両方を見ることにしました。

ありきたりにならないためです。

現在最上級に地味な私が言うのはおこがましいですが、さまざまなタイプの服を着れるようになりたいからです。

続けて、言葉遣いに関しての本を購入しました。

私は世間知らずなので言葉を知りません。

また大人なら誰もが知っているであろう出来事や常識も抜け落ちている点が多々あります。

これはよく彼に指摘されるので間違いないかと。

私の脳みそは、一般的な大人より劣っているということです。

ですが、これからよりたくさんの知識を詰め込むことができるわけなので、落ち込むこともないです。

今気になっていることを、今好きなことを、今身につけるべきことを、少しずつでも取り込みたいです。

昔のネガティブ思考のころの私だったら、「私みたいなブスなんかがファッションの勉強なんて恥ずかしい」とか「私が可愛くなろうとするなんてみんなになんて思われるか」とか、人の目ばかりを気にして、それを言い訳にして、努力を怠っていました。

完全に負け犬状態でした。

でも今は違います。

人の目を気にしなくなりました。

だから、自分の好きなことができます。

雑誌って、こんなに面白いんだって気がつきました。

ファッションって、こんなに楽しいんだって気づきました。

メイクって、こんなに変われるんだって気づきました。

努力するって、こんなに気持ちがいいんだって気づきました。

メンタルもケアできてるので、順調に続くといいです。

モデルさんみたいにはなれないけれど、私の中の最上級の可愛いを作り出せたらいいなと思います。

Posted on and Updated on

息子への説教で自分の弱い心に気づくことができました

私は40代主婦ですが、今年高校受験の息子がいます。最近の息子とのやりとりから自分のダイエットについて反省しているところです。

なんとなくダイエットに燃えた春頃から糖質制限だったり、家での筋トレだったりとやったりしていますが、何かにつけて中断したり回数がわずかだったりでいまだに成果は出ていません。とりあえずは数分でも何かしらをやっているのでダイエットは継続中という認識でいます。でも前は食べないようにしていたおやつも当たり前のように毎日食べていたり、ダイエットのために購入したDVDも使わなくなってしまったりという状態です。最初の頃に比べるとなにかにつけゆるくなっているのがわかります。

そして私の息子ですが、受験生としての意識が低くテストの点数がいまいちでも必死で勉強しようとはしていません。いろいろなアドバイスをしたり、頑張ってるご褒美として好きな映画に連れていくなどのこともしましたがあまり変化がありません。そんな状態なので私のほうが焦ってついガミガミ小言を言ってしまいます。「受験するのは自分でしょ」「結果が出ていないのにそんな方法でいいの?」などともっともらしいことを言っているのですが、本当は人に説教できるような人間ではないのです。

ダイエットをすると言って始めたのも自分、痩せたいのだから努力は必要で今日は疲れたとか、時間がないとか言ってダイエットに必死さが感じられないのは息子と同じなのです。親子だから煮てるのでしょうけど、自分のできてなさを棚に上げて説教するのは間違っているなと最近思い始めたのです。

そうして私は願掛けをするような感覚でダイエットに必死になったのです。まずは自分がきちんと決めたことをやろうと思いました。目標をきちんと設定して毎日計画的に努力することにしました。自分がサボると息子もサボるんだと思うようにしてだらける気持ちを抑えました。

こうすることでさらに息子のさぼりたいな、今日一日やらなくてもいいだろうという弱い心も身をもって理解できるようになりました。

結局は気持ちの問題なのだと思います。受験勉強であってもダイエットであっても同じことなんだと感じることができました。

今はまだダイエットの結果はでてきていませんが、ダイエットのための努力は継続できています。このまま頑張れば数カ月後に変化が表れると思います。そして息子もまだことらが思うほどの必死さは感じられません。でもいつかこのどちらもがいい結果になってくれればいいなと思っています。