Posted on and Updated on

ダイエットエピソード2選

私が過去成功したダイエットのお話と、現在の体重管理の仕方

ダイエットは場当たり的に何度もやったことがあります。そしてそんなやり方はうまくは行きません。うまく行かなかったダイエットは、リンゴだけ食べるとか、納豆を食べるとか、何か一つの食品を食べることで、ダイエット効果が得られるといった、単品ダイエットと言われるやり方です。私の場合は体重はびくともしませんでした。

その他、効果があると言われている糖質制限ダイエットは、早いスピードで2キロほど体重が減りましたが、糖質を控えすぎて頭が痛くなったり、その期間を乗り切ると体質が変化するらしいのですが、私はそこを越えることができませんでした。糖質のものを食べたら体重は元に戻りました。

つまり私に合わないダイエットというのは、特定の食べ物に注目したダイエットということになります。それに、やっぱり、どうしても何キロやせるんだなどの強い意志が、私にはないのです。やせたらいいなと思っているに過ぎないのです。体重の重さや体型がそこまで切実でもないからなのだと思います。

そんな私が成功したダイエットがあります。それは夕食を制限するダイエットです。一時、夕食を食べないで過ごすことを10日程度やっただけで、確か3キロほど減り、見た目もなんとなくすっきりしたことがあります。だんだん夕食を食べる生活に戻しましたが、せっかくやせたので、あまり増えないように気をつけていたのか、その時は体重も戻りませんでした。

バランスが取れている食生活を普段から軸にしていれば、夕食を少々減らしても、健康上問題は起こりません。

私が今やっている体重管理は、やはり夕食を食べすぎないことです。それから以前に比べると、お菓子類が苦手になったため、間食もしなくなったので、それも体重管理につながっているようです。短期決戦のような体重の減り方は望めませんが、少しずつ体重も体脂肪も減っています。それが無理もなく、いつの間にか自分にとってちょうどいい体重に落ち着くいい方法のようです。

夕食で制限するのはやはり糖質ですが、朝も昼も糖質が多い食事ですし、夕食でも、どんぶりものなどの糖質が多いメニューにすることもあります。またパスタなどを多めに食べることもあります。ですが私の場合、次の日に内臓が重く感じることもあるので、自然に次の日は糖質を減らしています。

自分の体の調子に自分で気づくことができるようになってきたのかも知れません。よく自分の体に聞いて食事を選ぶなどという言葉を見聞きしたことはありますが、若い頃はよくわかっていなかったのだと思います。理屈でなく、自分の体の調子と対話することができるようになるにはずいぶん時間がかかったようです。

ダイエットは、自分と向き合うことが何よりも大切なのかも知れません。

本格的に動ける季節になって再びダイエットへのやる気が

いよいよ本格的な秋、気候もベタベタとした蒸し暑さが無くなってだいぶ心地良くなり、ダイエットにも億劫にならずに済むシーズンがやって来ました。

夏場は朝からガンガンと太陽が照り付け、たとえ早朝からでも外に出て身体を動かす事に大きな抵抗感があった私。8月の後半からは比較的涼しい日々が続いたものの、それまでの体力の消耗を短期間で補う事は出来ず、せっかくのチャンスをほぼ惰性のみで過ごしてしまったのが悔やまれます。

ただ9月にはインドアでも使える新たなダイエット機器を購入しモチベーションもぐんと向上。それらを駆使しつつしばらくの間は部屋の中で取組み、10月近くなってようやく外の天候も清々しくなり、本格的に外に出て身体を動かそうという決心が付いたところです。

夏場の小休止の間に増えた体重は約3キロ。その間にも糖質を始め食事制限(若干の食欲不振も)はしっかりとやっていたつもりでしたが、それでも身体を動かしていないだけでこれだけ増えてしまうのですから、食事にも増して日々の運動が大切である事を思い知らされます。

ようやく外に出る決心が付き、この秋初めてロードワークに向かったのは、車で30分ばかり行ったところにある、丘陵地の上のとある研究施設群周辺。ここ数年のうちに完成し大変綺麗なエリアであり、施設外にも自由に人が出入り出来る広大な緑地公園や遊歩道が整備されており、ロードワークにも大変ピッタリな場所。私がこの場所を見つけたは去年の春先でしたが、既にその頃から多くのランナーが遊歩道を走っており、ダイエットにも最適な場所である事を窺がわせていました。

遊歩道は緑地公園の丘をぐるり1周しており、森林地帯を抜けたり、小川や池沿いを通ったりと大変メリハリのあるルート。軽くジョギングするだけで日頃のストレスも取れ、良い汗がかけます。

この日は晴天の午後、若干夏の暑さも残る陽気でしたが、木々の間から見える空も透き通る様に高く、草や土の懐かしい匂いを感じながら楽しんで運動してくる事が出来ました。

久々に良い運動が出来た、という実感はかく汗の質からも判断出来ます。普段から運動していない時の汗はネバっ気があり汗臭く、脂分も多いものなのですが、十分運動した後にかく汗は実にサラサラで臭さも全く無く、かいた後もサラリと乾いてくれます。

そのエリアで3時間程動きまわっただけで、後で体重計に乗ると1キロ近く体重が落ちていました。大半が汗でしょうが、それなりに脂肪も燃焼した筈。今後もこの習慣を維持し再びダイエットを加速させていきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です