Posted on and Updated on

産後太りから8キロダイエットに成功した方法は。。。

私の理想体重は48Kg。しかし二人目出産後、一旦落ちた体重は育児ストレスからみるみる増加し、気が付いた時には58Kgになっていました。

理想体重から10Kgもオーバーすると見た目もかなり変化し、子供の運動会の写真に写る自分自身の姿を見て愕然としました。

その頃、家族で久しぶりに国内旅行へ行こうという計画が持ち上がっており、旅行で撮る写真には痩せた姿で写るんだと決意し、ダイエットを始めました。

まず、これからダイエットを行うということを、家族と職場の同僚に公言しました。自分に厳しくするためです。

私はシフト制の仕事をしていたため、睡眠や食事の時間も不規則でなかなかダイエットを成功させることができなかったのですが、この時に挑戦したダイエット方法は、一日の摂取カロリーを減らすダイエット。いわゆる置き換えダイエットでした。

置き換えを行う時間帯は、昼食時。ダイエットフードを置き換えるのではなく、スーパーなどで売られている低カロリーのクイックフードで行いました。

低カロリーなだけあって、普通に食べると満足できません。なので、一口入れるごとに箸を置き、ゆっくりと食べることを意識しました。

その時に一緒に飲んでいた飲み物は、お茶かトクホの炭酸水。それでも夕方になるとどうしてもお腹が空くので、小さく小分けされたチョコレートを一つ食べていました。

その他、夜勤時の夜食としては、低カロリーの熱々のスープのみ。朝と夕食は、出来るだけ子供たちといつもの量の食事を摂取していました。

最初の一か月、2Kgの減量に成功しました。それでもまだまだ56Kg。私の目標は50Kgだったので、継続してダイエットを続けました。

そんな中、一つのことに気が付きました。私の場合、生理周期に合わせて減量が出来るということ。

生理開始日から、排卵日のあたりまでは減量期。排卵日のあたりから生理前までは停滞期であることが分かりました。

それが分かってからは、停滞期にはより注意してカロリーオーバーにならないように気を付けていました。半年も経つと、今まで着ていた服の感じも変わり、周りの人からもしきりに「痩せたね!」と、言われるようになりました。

このようにして10ヶ月かけて50Kgまで減量することが出来ました。

1年に2度ある職場健診で、体重測定の後に検査担当の方に驚いた顔で再測定するように言われ、「体調に変化はありませんか?」と聞かれたので「いいえ、ダイエットしたんです」と答えたときは、大きな達成感がありました。

その後妊娠、出産し、現在52Kg。再び以前のダイエットに挑戦中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です